まなたま日記 人生転換のひみつ

今までとは「違う人生」を生きる為の知恵袋

田んぼの溝掃除で発見!!

気温が上がり、雨が降ると草がめっちゃ伸びる!

田んぼの周りが草だらけになってきたので、草刈り機で整備。

 

田んぼ脇の水路(側溝)もきれいにしておかないと、水を引き入れるときに詰まるので、溝さらいを。

 

ここは上流域で水もきれいだし、傾斜があって流れが滞らない。
底に溜まっているのは大概、砂ですね。
じょれんですくい上げてみると…!?

f:id:cafe-dining-sala:20190514114123j:plain

f:id:cafe-dining-sala:20190514114121j:plain

シジミがおるではないか~(笑)

そういえば、たまに近くの川で取ってきたのを、近所の直売所で売ってることがある。

ただ、商売目的で乱獲するような人はいない。
田舎はのんびりな時間が流れている。残しておきたい一風景。



 

あり得ない現象を普通に起こす「達人」に学んだこと

世の中には、あり得ない現象を普通に起こす「達人」が稀にいる!

f:id:cafe-dining-sala:20190509000749j:plain

事実は小説より奇なり!というような、奇跡的なことがバンバン起こるとか、常識を超えた技を使う(偶発的ではなく再現性がある=やり方・法則を知っている)アニメに出てもおかしくないような方が、世の中には稀にいらっしゃいます。

 

普通に生きていると、余程のことがない限り、そういう方には興味がないと思うし、まず会う事が無い。住んでる世界が違うからな~…。

田舎に住んでいて、著名芸能人にバッタリ会うとか、あり得ない偶然が起こらない限り難しいのと同じくらい?

 

私の場合は「常識」とか「世の中」に疑問を持ち始め、生き方・視点を変えたことと、不思議な偶然がコンボ連鎖して、二人の「達人」にご縁をいただくことができました。

 

達人の教えの一部を書いてみる…

●一般的な人と逆の発想をしてみること!

知識に頼るほ弱くなる!

空間に全てがある。空間の作用を利用する。

●自分の中にないもの活かす

意識は具現化する。人間は意識である

●自分の軸はどこにあるのか?意識の起点が大事

などなど…

逆の発想というのは分かりますが、その他はこの一文だけ見ても分からないかもしれませんね。

達人も「奥義は筆舌に尽くし難し=文字や言葉では表せない」と良く言います。(武道の指南書に本当にそう書いてあるんだそうです)

口伝しても、感覚表現が多くなるので分かりにくい。

つまり、最終的には体感、感覚で掴むしかない。

だから、体験、体感、感覚を大事にする。話だけではなく、体感覚を学ぶための体術的稽古をするんですね。職人技というのも感覚の積み重ねですから。

 

ただ、どちらの達人も稽古のしかたが武術の型とは違ってちょっと特殊。ある「感覚」を身に着けることに特化しています。

でも、その「感覚」が分かってくると、体験を通して「そういうことなのか!?」と、言われていたことが腑に落ちてきます。こうなると、面白いですよ!!

そして、現象面での変化も出てきますから!!

 

この体感覚ワークショップを、うちでも出来るようにしたいと思います。

 

 

 

 

 

自分の中の常識を超えていくには!!

常識、当たり前というのは、自分で作った壁である

不特定多数の誰かが作った物のように感じるが、それを受け入れたのは他でもない自分。流されてしまったのか、それともその時の自分に都合が良かったのか…?

 

この常識とか当たり前というのが意外に厄介で、その中で過ごすのが普通、そこを外れるのは良くない事と無意識に思い込んでいる。(刷り込まれている)
それぞれのセオリー通りに「思考」「行動」する癖がついてしまうのですね。

 

これは常識という壁で固められた通路を歩いているのと同じ

f:id:cafe-dining-sala:20190428221742j:plain

セオリー通りに物事が進んでいるうちは良いのですが、ちょっと異変が起きると「想定外」で対応不能に陥る…。通路内に出口(解決策)がないので、迷路のようにグルグル回ってループ…ストレスを抱える…。

 

解決策は壁の外だ!と思っても、やったことが無いので、枠から外れた大胆な思考や行動が出来ない…。

無理、しょうがない、そういうもんだ、忘れよう、他でストレス発散…となる。

しかし、これを繰り返していては、トンネルの中をずっと歩み続けることになる。
これもそのうち習慣化されて当たり前になるのだろう…これでは人生は変わらない。

そこから抜け出すには…!?

f:id:cafe-dining-sala:20190428225912j:plain

常識を超えていくには、非日常な体験や不思議体験重ねるのが効果的!

常識を超えた人に会うとか、常識を超える体験をするとか。

(まずはこれを探すのが第一のハードルか…(笑))


え??そんなことあるの!?そんなこと出来るの!?マジで??目からウロコ!?的なやつを、話を聞くだけではなく、実際に自分で体験するのが大事

話だけだと忘れるけど、体験したこと、感じたことは意外と忘れない。

 

あとは、これを繰り返す新たな習慣を作るところまで持っていければ、そこから新しい可能性や、とんでもない気付きとか、とんでもない自由な世界が待っている!?

 

となると「プチ常識越え体験が、自分で出来るメソッドの基本(本質)を教えてもらって、繰り返し練習しながら深めていく」というのが理想だろうか!?

私は今までに「これは!!」というものに二つ出会いましたが、どちらも武道からの派生、本質は同じで、体を使って感覚を深めます。今はその感覚を料理(得意分野)に使っていますが、基本を覚えれば万能だと思います。

 

その内容を、文章化できる部分はブログで、出来ない部分は、ワークショップなどでお伝えできるようにしていこうと思っています。お楽しみに♪

ただ、こういう分野って、正直、怪しいものも多い。

f:id:cafe-dining-sala:20190429002754j:plain(安心して、信頼して取り組めそうなものに出会う、探すのが第2のハードルか)

 

いろんなの見たけど(最近多いですよね)、依存させたり、助ける・救う的な言葉で弱みにアプローチしてきたり、不安・恐怖を煽ったり、見えないものを崇めさせたり、波動が変わればとか、自立を促さない相手を尊重しないものは、どうかな~と思います。

 

まずは、変わるんだ!自立するんだ!という自発的意識が無ければ変わりませんから、自分は何もせずに「変えてもらおう、助けてもらおう」みたいな依存心を持って行くと、怪しいものと共依存関係になってしまい、それこそもっと深いループに…。

 

自分の意識の状態がどうか、関わるものがどんなものかを、しっかり見極めることが大事ですね

 

 

 

美味しいノンオイルのドレッシング(レシピあり)と野菜収穫♪

畑を散策して、良さそうな野菜を収穫♪

f:id:cafe-dining-sala:20190428124819j:plain

ここ二日ほど、久しぶりに雨が降ったので、畑に水分がしっかり補給され、野菜たちもとっても元気!


自然の雨が降ると、急に育ちが良くなります。

(ジョロやホースで水やりした時とは全然違うんですね~)

f:id:cafe-dining-sala:20190428124921j:plain

人参の間引き菜。これぐらいだったら食べれるかな~。何に使おう♪

葉っぱは茹でて味噌和えとかにしても美味!天ぷらもいいけどね!

 

f:id:cafe-dining-sala:20190428125222j:plain

新玉ねぎもツヤツヤ!

まだなり始めでちょっと小さめだが絹サヤもゲット!

 

今日は、ちょと豪華なサラダを作るかな!!

美味しいノンオイルドレッシングの簡単レシピ!

うちでよく作るノンオイルドレッシングのレシピを大公開!!

材料

<A>

りんご酢or米酢 50cc

みりん 60cc

白ワイン 10cc

水 60cc

お気に入りの砂糖 20g

レモン果汁 少々

 

<B>

玉ねぎ 中玉 1/3個分くらい

 

作り方

①Aの材料を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら弱火で2分ほどに立たせてから冷ます

(基本のマリネ液です)

 

②玉ねぎをスライスし、容器に入れてラップをしてレンジでチン

(あたためボタン2回でちょうどいい具合に火が入りますよ)


③②の玉ねぎの水けを切る(ザックリでOK)

 

④マリネ液と③の玉ねぎをミキサーに入れ滑らかになるまで回して完成♪

 

お好みで柑橘系の果汁を足してもいいですよ!
使って余ったドレッシングは冷凍して取っておきましょう!

自然栽培の甘夏を収穫♪

毎年の恒例行事のみかん狩りへ

今年も田舎のみかん畑に収穫に行ってきました!

f:id:cafe-dining-sala:20190416221719j:plain

この畑には、今では祖母の形見となってしまった八朔と甘夏の木が数本ずつあって、毎年実をつけてくれます。

祖母が亡くなってから20年以上経ちますが、その後は親戚のおじさんが毎年何回か里帰りした時に草刈りだけをしている状態。その草が堆積した土で育っています。(ふかふかした柔らかい土になっています)

 

水は山の斜面の一番下あたりの土地なので、降った雨水をうまくこの土が保水してくれているみたい。

また島のみかんで潮風に当たっているのと、木で熟しているので、より美味しいのでしょうね~!
収穫したみかんは朝市やイベントなどで販売しています。

f:id:cafe-dining-sala:20190218130805j:plain

これがマジうまい!!自然の恵みに感謝です!!

畑にも春♪ 人参の芽出しに使える意外なアイテム!小松菜の食べごろは?

畑にも春の訪れ

f:id:cafe-dining-sala:20190413162704j:plain

大根(左・白い花)と白菜(右の黄色い花)が花畑に~

白菜の菜花はクセがなくて美味しいんですよ!!
これは作っている人しか食べれない味♪

 

植えていた人参の芽が出ました~!!

f:id:cafe-dining-sala:20190413162557j:plain今回は荷物の包装によく使われているプチプチを上にかぶせて発芽を促しましたが、なかなかうまくいきました!!

 

サニーレタスがもうじき使えそう!

f:id:cafe-dining-sala:20190413162611j:plain

第2弾の苗も植え付け。

f:id:cafe-dining-sala:20190413162710j:plain

そろそろマルチをしていかないと、雑草だらけに…。

うちでは野草もお茶とかに使ったりするので、適度に雑草が生えるスペースも残しておきます。

 

小松菜が良い感じになって来た!

f:id:cafe-dining-sala:20190413162719j:plain

 

スーパーに売っている小松菜はかなり大きいが、実際に食べて美味しいのはこのサイズ

f:id:cafe-dining-sala:20190413162737j:plain

手のひらより少しはみ出すくらいの、やや若いもの。

大きく育ったものよりもエグ味が少なく、柔らかめで食べやすいのです。

このサイズって、意外と売ってないよね~

うちではこういった素材を使って、お食事やお弁当を提供させていただいております。

 

 

タケノコの季節がやって来ました!

今日はタケノコを収穫して処理をしました!

f:id:cafe-dining-sala:20190411223637j:plain

タケノコにょっき!
まだ、うちの地域では早めですが、4月後半くらいに最盛期を迎えます。

 

タケノコは早朝掘りが良いようです。

あとは処理のしかたが超大事~!!ちゃんとやらないとエグ味が残るからね~
(春先の山菜系はアクが強いので、そこは丁寧に~)

ウチの処理のしかたは以下

タケノコの皮を取り、半分に切って大鍋に

f:id:cafe-dining-sala:20190411224241j:plain

米ぬか、酒(うちでは白ワイン)、塩を入れて、水から煮ていきます。

(今回は水10L、米ぬか120g、酒100cc、塩大さじ3でいったかな)

アクと米ぬかが浮いてきますが、最初のうちはゆっくり混ぜながら煮汁となじませます。

 

白いアクが米ぬかを押し上げるよう膨らんできたら、アクをすくい始めます!

f:id:cafe-dining-sala:20190411224929j:plain

ここまで来ると凄いボリューム(笑)

極力、米ぬか以外のアクの部分をすくってあげてくださいね~(まぁ、入るけどね)

 

ぬかを煮汁と混ぜては、白いアクを取り…を繰り返していくと、こんな感じ

f:id:cafe-dining-sala:20190411225406j:plain

かなりアクが取れてきました!

 

その後、差し水をします。

f:id:cafe-dining-sala:20190411230414j:plain

 

いったん温度が下がって、また沸騰してくる時に、再びアクが出てきます。

f:id:cafe-dining-sala:20190411230643j:plain

もう、アク取りが趣味みたいな…(笑)

 

これを2~3回繰り返していると、煮汁に透明感が出てきます。

f:id:cafe-dining-sala:20190411230838j:plain

ここまで来ると、かなり丁寧な仕上がり!!

煮汁を飲んでもエグ味がなく、もうスープのような感じ。

 

よく「売ってくれ!」と言われるので、時々、小分けにして販売しています。

ジップロックに入れ、水を満たした状態でお渡ししますが、冷蔵保存で水を2日に一回くらいこまめに替えていれば、2週間くらいは全然持ちますよ。

 

タケノコは、定番の和食にも、中華にも、洋食にも全般的に使えます!
ウチではパスタによく入れるかな。トマトソースやペペロンチーノ系との相性は抜群です!!