まなたま日記 人生転換のひみつ

今までとは「違う人生」を生きる為の知恵袋

まび新春祭りに参加してきました!

2018年の豪雨被災地、倉敷市の真備地区にも春の訪れ

まだ家の取り壊しや改築、その他整備が進行中の真備地域ですが、週末にはなにかしらの行事が企画されている模様。今回はその中でも大きい規模の、地域のボランティアセンターが企画したイベントに、在籍している社団法人の一員として参加してきました。

f:id:cafe-dining-sala:20190218125248j:plain

ボランティア団体の飲食ブース、マッサージなどの癒しブース、子供が楽しめるレクリエーションブース、弁護士会などの相談ブース、催し物・音楽ブースなど盛りだくさん

 

f:id:cafe-dining-sala:20190218125607j:plain

いろんな地域から駆けつけてくださった出店ブース。遠方からありがとうございます!!

 

f:id:cafe-dining-sala:20190218125801j:plain

私たち団体では、本部、癒し、レクリエーション、飲食の4つに分かれて展開。

私は飲食ブースの担当。ひとりでバタバタしつつも3つのものをご提供。

f:id:cafe-dining-sala:20190218130051j:plain

メニューは

●心も温まる!?8種類の野菜が入った無添加ミネストローネスープ

(写真撮り忘れた💦)

f:id:cafe-dining-sala:20190218130630j:plain

 

●地元産米粉入りの自家製ナン

f:id:cafe-dining-sala:20190218130555j:plain

 

●無農薬・無肥料のはっさく

f:id:cafe-dining-sala:20190218130805j:plain

木熟して収穫したはっさくは超美味!!試食された方は、ほとんど買って行かれました。刈った草が堆積しただけの無肥料、無農薬で育った果実も貴重です。

 

f:id:cafe-dining-sala:20190218130835j:plain

おかげさまで完売御礼。お越しくださった皆様、ありがとうございました!!

 

テキヤ風なお店が多く、周りとは一線画しちゃった感がありましたが(笑)、食べてくださった方が美味しかったからと、また帰りに寄ってくださったり、ここのが美味しいと聞いて来た!という方もいらっしゃったりと、本当にありがたい限りです。

 

ご縁のあった方との再会も!

ボランティア系のイベントで、うちのお店のチラシを貼っておくのもどうかと思ったのですが、うちはこの地域から車で10分ほどの所にあって、真備地区から来られる方も多かったので、貼ってあるチラシを見て「ん?、ああ、あそこの地域から来てるの!?」と会話ができたり、以前お店に来ていただいた方が「来てくれてたんだ~!!」とお久しぶりの再会も。

 

また、災害前に真備で行った行政の主催の地域福祉系・料理教室で、手作りピザの回に来られていた方にお会いしたり、先日ご来店・ご予約いただいた方が出店ブースに出られていたり、他にもご縁のあった方々との再会などがあって、こちらも心温まる一日になりました。

 

総勢で700名くらいの方が来られたとのこと。仮設やみなし仮説住宅に転居されている方々の再開の場面も結構あり、こういう企画も有意義だなと思いました。

氣の循環をテーマにした味噌づくり

氣の循環をテーマにした味噌づくりのワークショップを行いました!

味噌は発酵食品の代表格!そして、昔の人は金は医者に払わず 味噌屋に払えと言ったぐらい、手作りの味噌は私達の体を整えるのにとっても役立ってくれます !

f:id:cafe-dining-sala:20190127232007j:plain

そんな味噌を作るための大切なポイントは「手で混ぜる」こと。
自分の手に住む常在菌が入ることで、自分に適した素晴らしいお味噌になるんですね!
(なので、ウチで味噌を作る時は家族総出でこねこねします)

もう一つの大事な要素

また、素材と意識を合わせ、ふんわりした優しさでこねこねしていると、こねられている味噌に優しさの氣が巡ります。

そうすることで、私たちを優しさで包んでくれる元氣の巡る素敵な味噌ができます。
この子たちの仕上がりが楽しみですね~♪

f:id:cafe-dining-sala:20190127232617j:plainいっしょにこねこねしている人たちの間にも優しさの氣が巡りますので、作っているうちに元気になります!

こねだすと実際に空間の氣がぶわっ~と変わっていましたし、皆さんも、ぽわ~んとしたり、ニコニコでしたね♪

f:id:cafe-dining-sala:20190127235505j:plain

敏感な方には場の氣が繋がったのが分かったんじゃないかな?と思います。
&私がウロウロ回っていたのは、場の氣が巡るのをちょっとだけサポートさせていただいていたからでした。これが目に見えない氣づかいというやつ!?(笑)

ポイントは「受け入れる」「氣を合わせる」「手と目を合わせること」

と書いても何のことやら分からないと思います。
今日、来られた方には、これを体験してもらってから、こねる作業に入っていただきました。
実は、これ合気道の本質部分。また、私が教えていただいたキリスト活人術の愛魂(あいき)に通ずる部分です。
 
こういうのは聞くだけではなく体験してみなければ分からないものです。
 今日体験していただいた方には、ぜひ、こういう体感・感覚・経験をいろんなところで活かしていただけたらと思います。本質は全ていっしょですから。 

氣の循環という角度から見ていくと…

例えば、田植えとかで「歌を歌いながらみんなで田植えをする」というのは、みんなで同じ歌を歌う→意識と呼吸が合う→みんなの間で氣が共鳴して循環する。

その状態で田植えをすることで、田んぼ・大地・自然と氣の交流・循環が起こる。

 

氣というのは「エネルギーと情報」ですから、そのエネルギーと情報が田んぼ・大地と交流・循環して、自分たちを助けてくれる素敵なお米が出来る!!という風に見える訳です。

 

昔の文化・風習というのは非常に奥深いものがあります。
知識・理論で知っていたかどうか分かりませんが、感覚ではそういうことが分かっていたのではないかと思われます。

 

現代人は、そういった感覚が失われつつあるので、大事にしたいところですね~

そのためには、体感・体験を積み重ねることです。

 

子供の教育なんかも、知識ばかりを詰め込むのではなく、体感、体験をしっかりしてもらって、文化の奥行きを学んで欲しいですね。

野草ピザの会をしました~♪

身の周りには使える野草が満載!

我が家では毎月、野草を楽しむ会をしています!
みんなで畑に行って野草摘み♪

硬そうな部分は食べにくいので、柔らかそうな葉っぱやお花、新芽とかの部分を集めます。それぞれの感覚に従って、野草を物色♪

f:id:cafe-dining-sala:20181126185749j:plain

畑での野草摘みも気持ちよく
タンポポハコベ、クローバー、カラスノエンドウカタバミヨモギ、スイバなど、色々な野草を採取しました!11月なのでどれくらいの種類が残っているかなと思いましたが、まだ、結構な種類がありましたね。

 

スープは無添加ガラスープをベースに、玉ねぎ、きのこを入れ、スイバとカラスノエンドウユキノシタを投入。

 

サラダはサニーレタス、大根、人参、茹で卵に、自家製鶏ハムを乗せて。その上にタンポポカタバミ、クローバー、ハコベをトッピング♪

f:id:cafe-dining-sala:20181126190254j:plain

 

そして今回は、ピザの会ということで、天然酵母で生地からピザを作りました♪

ピザ生地は一次発酵だけで出来るので、結構カンタン♪

今回は、ぬるま湯ですぐに起こせる天然酵母の白神こだま酵母(パン用酵母)を使いました。イーストと同じように使えるので便利です

f:id:cafe-dining-sala:20181126185432j:plain

生地にヨモギを練りこんだバージョンも(写真では分かりづらいですが…)


ソースは、トマトソース、ホワイトソース、照り焼きソース、カレーソースの4種類を手作り。玉ねぎ、しめじ、カボチャ、ブロッコリー、ツナ、自家製鶏ハムなどを乗せて、9種類ほどのピザを焼きました~

f:id:cafe-dining-sala:20181126191221j:plain

 

野草は乗せて焼くと焦げるので、焼きあがった後に、それぞれ選んだ野草をトッピングしていただきます。ピザの味がしっかりしているので、思ったほど青臭さはありません。

f:id:cafe-dining-sala:20181126191516j:plain

 

 

食後には、スイーツにはスギナの粉を入れた米粉パンケーキ!(写真撮り忘れた…)
これも超簡単なレシピで失敗なし!

子供のおやつにも最適~♪またそのうちレシピもアップしようかな。

 

野草にもいろんな効果・効能がある!

野草には、それぞれいろんな効果・効能があるのですが、うちでは最初にそういった知識は教えません。

まずは、「なんとなく自然に目についた」とか、「あ、これカワイイ~」とか、葉っぱに触れてみて「これ良さそう!」みたいな感覚に従って、野草を摘んでみます。

 

それを後でテーブルに広げて、「この草はこういう特徴があるんですよ~」なんて説明していくと、結構みなさん自分の体調や状態に合ったものを適量選んでいらっしゃるのです。

 

身体は、ちゃんと自分に必要なものや、必要な量を知っているのですね。身体に必要なものを食べると美味しいと感じます。そういう感覚を養ってもらうために、うちでは毎月こういった会を開催しています。

 

これが、最初に効果・効能を教えてしまうと、例えば「これは美肌にいいですよ」というと女性の方が山盛り摘んじゃう、みたいなことが起こります(笑)

草によって、それぞれ特性がありますし、どういった成分がどれくらい必要なのかも人によってマチマチだと思うのですが、「美肌にいい」「体にいい」と頭に表面の知識だけインプットすると、それをたくさん取ればめっちゃいいに違いないと勘違いする人が出てきます。

最近はサプリメントなども低価格で手軽に購入できますが、不自然に成分が濃縮されていますから、本当に足りていない時は調子が上がりますが、体に良いからと継続して取り過ぎると過剰摂取になり、身体内でのバランスが崩れて逆に体に負担がかかってくるという事もままあります。

 

テレビでも体に良いものを紹介する番組はたくさんありますが、「病気への不安と、これは●●に非常に良い!的な部分」ばかりを誇張して、適切な量を取りましょう」ということはほとんど言われません。

 

そもそも適量というのは個々人で違うので、不特定多数を対象とした番組などでは伝えられないのですね。結局は、各人が自分で判断するしかない。

 

知識や情報(デジタル)も大切なのですが、最後は実際に自分で感じてみること(アナログ・リアル)=体感、感覚が大事になります。

こういった記事を見ることで、少しでもそういったことに関心を持ってもらえればと思います。

それにしても自然は凄いですね。身の回りの草花を見るだけでも有用なものはたくさんある!!前回上げた松もそうですが、なんせタダですから!!


実はそういったものに囲まれて私たちは生きている…

というより、私たちは自然によって生かされているんだということに気付かされます。

 



超健康ドリンク!?松ジュースのレシピ

松の有効成分

クロロフィル、ビタミンA、C、K、鉄、リン、食物繊維、
松やに、シネオールという精油成分などと、かなり多彩!

 

ホントかいな!?松の効能

がん、アトピー、アレルギー、にきび、便秘、高血圧、貧血、虚弱体質

アルツハイマー冷え性、頭痛、生理痛、二日酔い、口内炎

「ガン、老化に勝つ松葉の力」より抜粋 (医学博士 山ノ内慎一)

 

抗酸化作用、血液浄化作用が強いのが特徴のようだ=万病に良い的な感じ!?
精力増強も!

 

そんな松をお手軽に取り入れる!!松ジュースのレシピ♪

<材料>はこれだけ!

●松の枝の穂先(葉っぱがついている部分)10~15cmほど
●水2L

 

<必要備品>

ミキサー、目が粗めの茶こし、漏斗、2Lペットボトル

 

①枝から松葉を取る(ハカマをつけたまま)

②ミキサーに①を入れ、水を500cc入れて、1分ほど回す

③2Lペットボトルに漏斗を差し、茶こしを乗せて、こしながら②を入れる

④③で茶こしに残った松葉の残骸を再びミキサーに戻し、水500ccを入れて、1分ほど回す

この手順を繰り返して(3回目、4回目は液体の色が薄くなってきます)2L分の松ジュースができれば完成!!


冷蔵庫に保管して、一週間以内くらいで飲み切るようにしてください。

 

f:id:cafe-dining-sala:20181115000422j:plain

飲用に使える松は

アカマツクロマツ、ハイマツ、ゴヨウマツ、
リュウキュウマツ、ダイオウショウマツの6種類で、松の見極めは
松やにが多くてつやがあるもので、特にアカマツクロマツがお勧めです!

庭によく植えてあるのは大体クロマツで、山に生えているのはアカマツが多いです。
アカマツは葉っぱが柔らかく、味も優しめかな~

 

まずはコップ一杯150ml~250mlを朝晩飲んでみましょう♪

(ホットにはできません。成分が変質します)

 

飲み方、作り方のコツ

ストレートが飲みにくいと感じた方は蜂蜜などの甘味を少し足してみると飲みやすくなります。カルピスの松ジュース割が美味しいですよ~

 

あと、松葉ですがあまり洗い過ぎない方が良いかな~。

 

分量も実際に作ってみて、濃いと感じるようでしたら松葉の量を減らしてください。自分に合うと感じる濃さが適正だと思います。

飲む量も一応書きましたが、無理して飲まなきゃ!とか、たくさん飲めば…!?ではなくて、自分の適量を感じながら決めてくださいね。

 

人それぞれ、体格や体質など個体差があると思いますし、自分にとっての適量を感じ取れる感覚・能力を養っていくことも重要だと思います。

 

薬とかも、成人1回●錠とか分量が書いてありますが、その通り飲むとキツイと感じるようであれば、実際に体的にはキツイんですよ。アナタの体には多すぎるってことです。

サプリメントなども体に良いからと言って毎日取り続けていたら、成分過剰で(取りすぎで)体の不具合が発生した、みたいなこともあるようです。

 

自分の体を感じながら生きましょう!
不具合以外にも、いろんなサインを出しているかもしれませんよ!

 

実はめっちゃ凄い!!「松」のお話&ワークショップを行いました!

岡山の統合医療の発信基地が始動!!

今日は岡山市南区妹尾にある「まえだ診療所」統合医療サロンにて、お話&ワークショップをさせて頂きました。

まえだ診療所さんは、先々代から妹尾の地域密着型のお医者さんとして在宅訪問診療なども積極的に行われてきた町のお医者さんで、今は、内科・小児科・消化器内科・麻酔科・ペインクリニック内科・漢方内科といった内科系の医療とデイサービスを行われています。

ガン疾患、慢性疾患の補助療法の一環としてオゾン療法、高濃度ビタミン療法などといった一般的な医療以外の療法も取り入れられている為、一般がん治療で回復がなかなか見られない・悪化してしまった方が相談に来られたり、また、末期医療や看取りなどもされているとのこと。

 

そのような経緯もあり、代替療法と言われる自然療法的なことにも興味を持っておられ、今後の新しい医療の可能性を探求していくべく、サロンスペースを作られました。

 

今年の8月ぐらいからミーティングや交流会が度々開かれていて、10月には診療データをもとにした医療カンファレンス会(診療した情報をもとに、患者の状態をどのように判断し、どういうアプローチをするか、回復までの医療プランをどのように立てていくか、また、判断する材料・データとしてどのような情報が欲しいか等の話し合い)も行われ、いろんな見かた、捉え方、アプローチの仕方等が出ていました。

 

病気一つとっても様々なアプローチの仕方があり、どういうアプローチが患者さんにとって適切なのか、代替療法も含めいろんな角度から検証でき、それを一般診療所を通して紹介出来るという統合医療の土台が出来つつあります。素晴らしいことだと思います。

 

サロンでのイベントで「松」のワークショップを開催!

f:id:cafe-dining-sala:20181115000422j:plain

今回は植物の「松」が、実は古来から重用されていて、浄化・還元力が非常に強いことや、成分、見えないエネルギーの話など、松がいかに有用な植物であるかについてと、その活用の仕方として「松ジュース」「松葉サイダー」の作り方についてお伝えさせて頂きました。

 

松は身近にたくさんあって、しかも作り方が非常に簡単・お手軽で、これを活用しない手はありません。

manatama.hatenablog.com

 

ポイントは「松に意識を合わせること」と「レシピに囚われず、分量などは感覚で決めていけるようになること」

フラワーレでは、野草やハーブを摘みながらのワークショップもやっていますが、ポイントは同じです。


野の草花に視線を落とした時、自然に目が行ったり、何か気になる!?、かわいい♪、いい香り♪なんて感じたものを、これくらいかな~と思った分だけ摘んでもらうのですが、筋反射テストをすると抜群に力が入ります。

 

人間の体は、本来、有用なものを感じ取る能力を持っているのですね。

 

そういう目で自然を見た時、私たちの周りには有用なものがいくらでもあって、それに囲まれて生きている。というか「自然に生かされている」ということに気付かされます。

 

そういった感性・感覚を養っていただければと思っています。松ジュースはその練習としても非常に良いのではないでしょうか。ぜひとも感じながら作って頂きたいと思います。

 

また、今はサプリメントや有効成分の含まれた食品も多彩にありますので(そういったものを否定するつもりはありません)体に合うものを適切な量取り入れられる「感覚」を養えれば、非常に有効に使えるのではないでしょうか。

10/8 仮設住宅にて炊き出し

西日本豪雨災害から3か月が経ち、被災地もかなり落ち着いてきました。

行政借り上げのみなし仮設や、新たに設営された仮設住宅への移動が始まっています。

 

その中のうちの一つの仮設住宅の集落に炊き出しに行ってきました。

f:id:cafe-dining-sala:20181010150234j:plain

ここはトレーラーハウスを集めた仮設住宅街になっていて、40世帯ほどの集落になっていたかな。田舎の山の中に、不思議なアメリカンな住居区域が出来上がっていました。

結構、オシャレな感じです。

 

f:id:cafe-dining-sala:20181010150526j:plain

写真正面のコンテナのような建物が多目的なスペースになっています。コミュニティーハウスといったところか。

 

f:id:cafe-dining-sala:20181010151132j:plain

鍋型フライパンの中身は、8種類の野菜が入った私特製の「野菜とひき肉の炒め煮 中華丼風」です。避難所とか支援センターで食糧配布があったりしますが、パンや安価な弁当がほとんどで、かなりの野菜不足とのことで、野菜たっぷりのメニューに。

 

f:id:cafe-dining-sala:20181010151440j:plain

 

他にも、自然食系のお仲間と、地元の生協さんが炊き出し支援に協力してくださっていました!

f:id:cafe-dining-sala:20181010151550j:plain

食事会のあと、倉敷市の職員の方が、第一回目の住民説明会みたいな感じで、コミュニティーハウスをどのように活用するかとか、この地区での取り決めみたいな事の説明会を行ったようです。炊き出しも今回が初めてだった模様。

 

まだまだこれからですね。

倉敷市のボランティアセンターや地域の社会福祉協議会などから依頼があれば、ここにもちょくちょくお邪魔することになるかもしれません。

 

スピリチュアルばかりではダメ。現実をしっかり感じ、深めていくことが大事です。

スピリチュアルばかりではダメ!

f:id:cafe-dining-sala:20180927120049j:plain

以前にとある方の講演を聞いた時のことを思い出したので、覚書として書いておこうかと思います。

 

かなりたくさん大事なことをお話しておられた中の、そのほんの一部の内容ですが、シェアしておきたいと思います。

 

「スピリチュアルばかりではダメだ、現実、人生をおろそかにしてはいけない。現実を体感することに大きな意味がある。

 

人には2つの流れがある。
1つは個として極まっていく流れ(源泉・大元に向かっていく流れ)
個としての変容はその状態に入ると一瞬で起こるその瞬間、意識とボディーが変わる。これはコツコツ積み上げるものではない。

 

もう一つは人生のドラマこれはコツコツ積み上げるものであって、一瞬では変容しない。意識とボディーに変容が起こったからと言って、人生のドラマが突然変容するということはない。

 

人生のドラマは、人と人との関係性の中でコツコツと作られていくもの。

変容した状態で(それを活かして)人生をコツコツ作り上げていくことが、人生を進化させていくということだ。」

 

 

本当にその通りですね。

人生の中に学びがあり、生まれてきたテーマがあり、個としての役割・輝きがある。

個としての特性を活かし、人生を進化させることが魂を輝かせることに繋がる。

 

神社参りや、講演会に行って勉強することが魂を輝かせるのではありません。何を活かしながら、どう生きるのかが大事です。